News 資格試験

2021 IIBC AWARD OF EXCELLENCE を代表Okadaが受賞しました

Hi Fukuoka English Gymです。

代表OKADA が2021 IIBC AWARD OF EXCELLENCEを受賞致しました。

IIBC AWARD OF EXCELLENCEとは TOEICの高スコア者に送られる賞

IIBC AWARD OF EXCELLENCEは年間のTOEIC受験者の中でLR(リスニング・リーディング)とSW(スピーキング・ライティング)の両方でハイスコアを取得した受験者に送られる表彰制度です。

4技能のプロフェッショナルの証明

こちらの賞のキーポイントは SWも含む、というところです。

LRの高スコア者の中には「読める・聞けるけれど話す機会がないためにスムーズに話すことができない」という現象が日本では起きていると言われています。SWの中でも特に受賞基準となるスコアを超えているということは「読める・聞ける」に加えて「実際に高いレベルで英語を話せる、イントネーションや発音が英語圏のスピーカー並」というお墨付きになります。

受賞者の割合

下のグラフは年間の全受験者の中で「LR」の受賞基準を満たす受験者の割合を示しています。

https://www.iibc-global.org

ここから「SW」の基準を満たすためさらに絞られていきます。

2021年の受賞者数

今回は全国で約500名が対象となりました。学生から社会人まで多くの方が受験されるTOEICは1人が年間に何度も受験することでも有名ですので、500名という対象者数はかなり狭き門だということになります。

全国の英語学習者の中からこの年間タイトルを手にしたのが約500名ということになるんですね。

Speaking力向上の目標の1つにしモチベーションを高めるためにSWも受験

日本人の弱点であるSpeakingをクリアしない限り、受賞できないのがこの賞の特徴です。

逆に賞をとることを目標にすることでSpeaking対策へのモチベーションを上げる動機にすることもできるでしょう。

ですから、LRだけでなく、SWの受験も強くオススメします。

代表コメント

Neyo O

Hey guys, Okadaです。TOEICはLRばかりスポットライトを浴びていますが、英語学習の真の目的の1つ、そして最大の目的は、コミュニケーションです。その意味でSWを受験することは恩恵がいっぱいだと思います。私自身、新しい資格試験を受験するのは勇気がいることを実感しています。時間的にも経済的にも様々な負荷がかかりますよね。ですが、もし受験するかどうか迷っているなら、絶対に申し込むべきです。先に申し込んでしまえばやらざるを得ない環境が作れ、モチベーションが激増しますよ。一歩を踏み出してください(実は私も今初受験してみるかどうか半年迷っている資格試験があります...お前こそさっさと申し込めよ! ですよね)。さて、今回いただいた賞は英語の4スキル(4技能)のバランスが良いことの証となっています。Speakingも含めて総合的に生徒様の英語学習のデザインができますので、資格試験対策、英会話等是非私におまかせください。

-News, 資格試験
-,