Listening Speaking 英会話

英語学習用の映画を見つける技【Trailerの活用】

2019-03-20

この記事を書いている人:岡田 直也 (The NY Press, Inc.)
Okada

英語を自然に流暢に話すには教材として「日常会話」のレベルに近いトーン・イントネーション・表現が盛り込まれている必要があります。

市販の参考書の弱点はこの点がクリアできないことが多いことです(→聞き取りやすいため土台を作る上では大きなメリットにもなります)。実際に会話をしたり, 映画を観ていると, 普段学習しているものとのギャップが大きくストレスを感じることもあります。特に話し方。したがって, 自己学習と平行して, オンラインレッスンや通学型英会話スクール, 外国人が集まるイベントを利用して「実際に英語圏の人と話す」ことが必要なのです。しかし,  時間や金銭的にも限りがあると思います。

 

そこでオススメの自己学習が「海外映画」「海外ドラマ」です。
(そしてこの学習を効果的にするのが後でお話するTrailerの活用です)

 

ココがおすすめ

海外映画・海外ドラマのメリット
日常会話と同等のトーン・イントネーション
…音と音のつながりや省略, 脱落だけではなく, 英語を話す際のトーン・声の深さ・声色までも学習できます。
表現が習得できる
…自然な語彙・表現が身につきます。非ネイティブはネイティブが使うことのない英文を創作してしまうことが多いものです(私も含めて)。自然な語彙力・表現力を身につけることでそういった創作を矯正することができるわけです。例えば, blockbusterは会話など日常的に登場するのに, 受験英語ではほぼ目にしません。
文脈把握力を鍛えることができる
… 英語を短期間で話せるようになる人で多いのが, 映画をたくさん観てきた, または読書習慣がある, のどちらかを持ち合わせていることです。聞き取れなくても「この状況だったら〇〇って言っているだろ」と想像し推測することができるわけです。これが文脈把握力です。

ココに注意

海外映画・海外ドラマのデメリット
レベル設定が難しい。レベル把握をしてくれる先生やコーチなどアドバイスをくれるプロが近くにいれば別ですが, やはり難しいです。例えば, ディズニーシリーズでJohnny Depp主演の海賊映画パイレーツオブカリビアンシリーズが好きで, 英語学習に取り入れようと考えます(このシリーズはJohnny Deppファンの私のお気に入りの1つです)。しかし, 英語のスピードは速すぎることはないのですが, 時代設定があまりに古いため, 今の日常場面で活用できるフレーズを見つけるのに苦労します。youがthou(汝)になっていたりします。好き=学習素材に最適 とは限らないのです。特に, 公開/放送された時代には気を付けてください。そして, 日常会話に活きる可能性が低そうなジャンルは避けるとよいでしょう。

 

さて,

 

自分のレベルに合った映画や海外ドラマを短時間で探すオススメの方法があります。

 

ポイント

自分のレベルにあった映画や海外ドラマを効率よく探す方法
→ Trailer を利用する!

(Trailerのイメージ)

 

お気に入りの映画・海外ドラマの検索法

Step① 気になる海外映画/海外ドラマのタイトルをGoogle検索
… 英語のタイトルがわからない場合は邦題を検索してください。ヒットする上位の方に邦題と原題が表記されてあるウェブサイトを見つけられるはずです。

(例) 「アナと雪の女王」を検索→上位にWikipediaが登場し, 原題:Frozenの表記が見つかります。

Step② ①の原題をコピーし, You Tube の検索欄にペースト
*引き続き, Google検索を利用してもOK

ココがポイント

  この時,  「タイトル  trailer」 と検索してください。

(例) 先程の「アナと雪の女王」の場合
→ Frozen trailer

 

trailerとは予告編のことです。「タイトル  trailer」と検索することで上位に予告編がヒットします。また, 「タイトル official trailer 」とすれば, ファンではなく映画会社が公式に作っている予告編が上位に表示されます。trailerは重要な部分を要約してくれているので, 自分に合った内容か, 自分が話せるようになりたいことを学べそうか, がザックリつかめます。そして, 話すスピードもチェック【ここが重要!】できます。したがって, 使い始めて「速すぎ...」「スラング多すぎ...」「表現が難しすぎ...」というミスマッチを防ぐことができます。

さらにtrailerを観るだけでも英語に対するモチベーションがグッと高まりますよ。映画館で映画を見た後, 気持ちがスッとなり, 明日から頑張ろう!とか, 英語をもっと勉強しよう!という思いになる人も多いと思いますが, それと近い感情を得られます

 

映画の活用の仕方【基礎篇】

Step① お気に入りの映画を見つける/決める

Step② 1回目:普通に映画を観る【日本語字幕】
… ストーリーの把握をします(映画は文脈力を鍛える素材にもなります)

Step③ 2回目:【英語字幕】にして観る

Step④ 3回目:お気に入りのシーンをディクテーション
… ②③でお気にいりのシーンや言ってみたいセリフが見つかるはずです。その箇所を限界までディクテーション。これ以上無理 / もう完璧 の段階で字幕の確認をします。
③の時点でお気に入りのシーンやセリフが見つかったら時間をメモっておくといいですね

ディクテーションをするメリットは, 聞き取りにおいて自分が得意な音と弱い音の識別をヴィジュアル化することです。そして, 音読をして聞き取れるように矯正していくのです。ただ聞くのと実際に手を動かすのは負荷がかなり変わります。どうしても時間がなかったり, 書くものが用意出来ない環境であれば, スマホやタブレットに打ち込むか, ディクテーションをせず聞き取りのみに集中するのありです。

Step⑤ ④の意味内容を確認後, 俳優のコピー
… 俳優の口調, イントネーション, 発音, 態度などあらゆる面でのコピーをしましょう。得意はまずはものまねや借用から始まるものです。自然と口をついて出るまで何度も。覚えたいものは1つのノートやファイルにまとめてストックしていきましょう。

好きな映画やドラマは何度も観ましょう。私自身, お気に入りの作品は100回以上観ています。そういった作品は, ストーリーの展開や文脈だけじゃなく, お気に入りのシーンで使われる表現も映像を見ればすぐに口について出てきます。また口調を真似ることで, 英語の喋り方が和製英語から自然な英語へとガラッと変わります。

 

最後に初中級者にオススメのTrailerをご紹介します。つまり, 英語学習に活用出来るオススメの映画/ドラマです。

オススメのTrailer

 

メモ

次のようなイメージをもっておいてください。
初級者:
子ども向け作品【Disney(Pixar)系・DreamWorks系映画, 子どもが主人公のドラマ】
アメコミ作品
中級者:
Disney(Pixar)系
NHKで放送されたことのあるドラマ
【昔のフルハウスやフレンズのような作品。はまるものが多いです。】
全レベル:
Disney(Pixar)系
…ストーリーが良いだけではなく英語が聞き取りやすいものが多いのが特徴です。

初級

Toy Story (2019)

 

Finding Dolly (2016)

 

Finding Nemo (2012)

Monsters University (2013) / Monsters, inc.

 

Minions

The Thundermans


NHKでお馴染み。昔のフルハウス枠のドラマです。

Game Shakers

NHKでお馴染み。昔のフルハウス枠のドラマです。NHKで採用されるものは基本的に聞き取りやすい物が多いですね。

 

初〜中級

High School Musical

 

中級

This is Us


ストーリーが非常に良く感情移入できます。

Gossip Girl


若者が使う自然な表現が網羅されているのが特徴です。

 

Love Actually(2003)

番外編


中級以上レベルですが個人的に好きなもの。

 

The Tourist

Twilight

 

Bohemian Rhapsody(2018)

 

La La Land (2016)

 

Dear John

 

 

Avengers

Iron Man

 

 

-Listening, Speaking, 英会話

Copyright© Fukuoka English Gym , 2020 All Rights Reserved.