多読教材 文化

多読教材"14 Teaching about Racism Is Essential for Education(レイシズム[人種差別]は学校の教室で教えるべきトピックだ)

https://www.tc.columbia.edu/articles/2021/july/new-research-shows-impact-of-covid--systemic-racism-on-black-students/

ニュースサイトから英語学習にうってつけの記事を厳選していく、多読向け教材シリーズ。

The New York Times, USA Today, Washington Post, Bloomberg, Newsweek といったニュース系の記事を読むことをルーティン化している代表Okadaです。

今回は科学雑誌"Scientific American" のウェブ版より。

Scientific American

アメリカ最古の一般向けの定期科学雑誌。1845年創刊という老舗中の老舗。様々なジャンルを扱うTIMEと異なり、科学系に強い。

使われる語彙レベルは、記事によってかなり差がありますが、高校生や大学生には「読みづら」と感じるかもしれません。ただし、高校1年くらいでも普通に読める記事も多くあり、大学入試の出典としてたびたび登場します。これから英語ニュースを読むことを習慣化したい、けれど科学系中心でいきたい、という方にオススメです(英検準1級に合格、TOEIC(LR)800のスコアの方であればやや難くらいの印象のものが多いでしょう。Writerによっては高1程度のレベルで読めるものを書く人も多いのですので、ある程度の記事量を確保したら、記事ではなくWriterで記事検索するというのも一つの手法ですね)。

Article (記事)

Teaching about Racism Is Essential for Education
-Lessons about racial injustice help students understand reality

Number of Words

671 words

黙読3m21s 音読4m12 で読み切れればスピードリーディングスキル(速読力)十分。

Text:本文(Source:https://www.scientificamerican.com/article/teaching-about-racism-is-essential-for-education/ )

Audio【WPM: 159 のスピード】

Elected officials who campaigned against critical race theory (CRT), the study of how social structures perpetuate racial inequality and injustice, are being sworn into office all over the U.S. These candidates captured voters’ attention by vilifying CRT, which has become a catch-all to describe any teaching about racial injustice. Lessons about the genocide of Native Americans, slavery, segregation and systemic racism would harm children, these candidates argued. Calling its inclusion divisive, some states have enacted legislation banning CRT from school curricula altogether.

This regressive agenda threatens children’s education by propagating a falsified view of reality in which American history and culture are outcomes of white virtue. It is part of a larger program of avoiding any truths that make some people uncomfortable, which sometimes allows in active disinformation, such as creationism. Children are especially susceptible to misinformation, as Melinda Wenner Moyer writes in “Schooled in Lies.”

It is crucial for young people to learn about equity and social justice so they can thrive in our increasingly global, multilingual and multicultural society. When students become aware of the structural origins of inequality, they better understand the foundations of American society. They are also better equipped to comprehend, interpret and integrate into their worldviews the science they learn in their classrooms and experience in their lives.

Pondering racial, ethnic and socioeconomic disparities helps students understand, for example, why COVID death rates among Black, Latino and Native American people were much higher than those of white people as the pandemic began. They can better comprehend why people of color are far more likely to be subjected to the ravages of pollution and climate change or how a legacy of U.S. science that experimented on Black and Indigenous Americans may have led to distrust of doctors and health care.

Removing conversations around race and society removes truth and reality from education. This political interference is nothing new—political and cultural ideologues have fought for years to remove subjects such as evolution, Earth history and sex education from classrooms and textbooks, despite the evidence that sex ed helps to prevent unwanted pregnancy and sexually transmitted diseases, that evolution explains all life on Earth and that the world is older than a few thousand years.

Many of the school districts that brought in anti-CRT board members are the same ones that refuse to mandate masks, despite the evidence that masks can prevent the spread of COVID. These school officials also rail against vaccine mandates as a violation of personal choice. It is the same prioritization of individuals over community and a discomfort with hard truths that characterize the movement against the teaching of true history.

Fortunately, efforts to limit children’s education face stark opposition. The American Civil Liberties Union describes initiatives to quash discussions of racism in classrooms as “anathema to free speech.” And the U.S. Department of Education is debating a series of American History and Civics standards that include introducing “racially, ethnically, culturally, and linguistically diverse perspectives into teaching and learning.” Caught in the middle are teachers who are trying to educate children during a pandemic.

While many parents of school-aged children supported anti-CRT campaigns, voters with no connection to the classroom helped significantly to tip these elections. Parents and educators must bring the conversation back to teaching children about reality. EdAllies, a Minnesota-based educational-support nonprofit, is encouraging teachers to reach out to parents and administrators to explain the necessity of antiracist content in their lessons, as a way to build community support.

All over the U.S., school board meetings are being taken over by fear of the inclusion bogeyman. And after our recent elections, more board members have the power to act against lessons they dislike. Today, tomorrow and for as long as these elected officials are in office, it is the children and the teachers who will pay the price for an incomplete education. We must work toward a school experience that includes narratives of discrimination, social justice and inequality as truths we can learn from so that history might not repeat itself.

Highlights(キーポイント)

●レイシズム(人種差別)を学校の授業で教えるべきか?これに対する反対派の意見を述べて人気を得ようとする選挙候補者たちは、ネイティブ・アメリカンや奴隷問題と同様に子どもに悪影響と主張している。さらに一部の州ではCRT*を学校のカリキュラムから完全に削除する法律を制定している。

●しかし、この方針は学校教育において実際とは異なった考えを教えてしまうことにつながるかもしれない。例えば、アメリカの歴史や文化は白人のおかげで存在しているものだ、といった。

●若者がこういったことを学ぶのは必須だ。それによってますますグローバル化し、多言語化・多文化の社会の中でやっていける。正しい事実を知ることで、より広い視点で物事を見れるのだ。

●また、人種や民族や社会経済的な格差について学ぶことよって、学生は、例えば、COVIDにより死亡率がなぜ黒人やネイティブ・アメリカンのほうが顕著なのかを理解することができる。

●アメリカでは一部政党がCRT反対派となっていて、学校でのレイシズムの学習を抑制させようとしているが、これはよくない状況だ。正しい事実を知るためにレイシズムを授業で教えることは不可欠なことだ。

CRTとは

https://www.fairfightinitiative.org/critical-race-theory/
CRTとは

ニュースのなかで、Critical race theory(CRT), the study of how social structures perpetuate racial inequality and injustice「CRT、つまり、どのようにして社会的構造が人種の不平等や不当な扱いを助長し続けてしまうのかに関する研究」と説明されています。

簡単に言うと【ニュースを拾い読みして得た情報なので専門的には間違っているかも】、一般的に人種差別というと個人が行ってしまう行為で、ある集団の個人に対して批判が集まっていくようなものです。一方で、CRTでは、法律といった社会システムや組織などの集団が差別を助長していて、それらをしっかり捉えなそう、という理論。とにかく政治に絡んで登場する言葉です。

アメリカの共和党がCRT批判で有名です。2020年にトランプ大統領がCRT関わるプログラムの補助金をキャンセルしたことで一躍有名な言葉になりました。保守派政党はレイシズムの教育をすることが間違っていると主張する際にCRTを引き合いに出します。昨年2021年には共和党保守派が多数のフロリダやアイダホでは、学校でレイシズムを教えることを法律で禁止しました。

My Opinion(私の意見)

私自身指導者なのでこの問題はとても難しいものだと実感します。昔から言われるのが、「教えなければその事実を知らないわけなので差別は生まれない」といった考えがあります。

例えば、私が現在住んでいる福岡は「人権問題」への取り組みを全国的に見ても非常に積極的に行っています。その一つの理由が福岡が「同和問題」が根強いからだそうです。私自身、「同和〜」と聞いても、20代の頃に教員になる前は経験上イメージがわきませんでしたし、住んでる場所で偏見をすること自体を考えたこともなかったので、この言葉自体に興味がありませんでした。ただし啓発活動の多い福岡に移住してから、かなりこの情報に触れる機会が多いです。正しい事実をきっちり知ることで、より広い視点で人権問題を捉えられるようになった実感があります。

日本では中学での性教育は未だ「恥ずかしい」が先行します。これはアメリカやヨーロッパと大きく違っています。例えば、避妊具の使用方法や効果など海外では授業内で説明を受けることが多いです。いつかその時がきたら...ではなく、学校教育のなかで正しい事実や知識を教えることで、実際に性体験をする際に、望まない妊娠や感染症などのリスクを大幅に減らすことができます。

正しい事実を教えてもらう。これがやはり学生の視野を広げて、将来的に正しい判断をすることができる大人になっていく近道なのかな、と2022年現在は考えています。特に、SNS全盛期の現代は、情報が多すぎて、簡単に間違った情報に誘導されてしまいます。Twitterの真偽不明な情報が全国ニュースのネタになることも時折ありますね。レイシズムも同じで、今ある情報によって、差別意識が生まれたり、差別対象がAからBに変わる、といったことが簡単に起きてしまいます。だから、スタート地点で、レイシズムとはどういったもので、どんな主張をする人たちがいるのか、を客観的に知ってしまったほうが、結果的に偏見をなくし、正しく物事を判断できるのではないかと感じました。とはいえ、反対派がかなり多いというアメリカ。現代は10人いたら10個の考えが出てくるといわれるほど多様な社会。自分のスタンスは保ちつつも、自分とは違った立場の人の意見にもしっかり耳を傾けられる自分でありたい、と今回の記事を読んで痛感しました。

-多読教材, 文化