Self-Analysis Sheet (GROWモデル)

このページは新規受講生用のページです。受講生の皆様には全員最初にGROWモデルと呼ばれるモデルにしたがって、自己分析をしてもらっています。一度腰を据えて、書き出してみることで自分自身が何に悩みを持ち、どういう方向性で進みたいか、おぼろげだったものがよりクリアになる事が多いです。漠然と英会話ができるようになりたいという受講生の方もじっくりご自身と向き合ってみてください。

 

 

GROWモデル

学習効果を高めるためのコーチング型学習モデルがGROWモデルです。

G:Goal(目標)

目標、目的とはなにか。何を達成したいのか。

R:Reality(現状)

抱えている悩みなど現状を把握することで課題分析をします。

O:Options(選択肢)

GやRを改善するための行動の選択肢。

W:Will または Way forwardまたは5W1H(意志または行動方針または5W1H)

どんな想いがありGを達成し、Rを改善したいのか。
どのような行動計画を立てるのか
それをいつ、どこで、誰と、何を、どうして、どのように するのか

 

これらのGROWの定義にしたがった分析シートが以下の入力欄です。

 

考えがあらい出せない場合はブレインストーミングをする

次のようなマインドマップを作り、思考を深く掘り下げてみてください。手書きでも"SimpleMind"のようなアプリでも構いません。5~10分掘り下げてみると意外な発見が見つかることが多いですよ。

 

GROWモデルで分析をしましょう

それでは、以下の入力をお願いします。

*Word等にまとめたい、または、手書きで書きたい、という場合は全くそれで構いません。ファイルまたは書いたものをSlackにuploadしてください。

*最初のクエスチョンのクライマー型、サーファー型の特徴:

タイプ 山登り型(クライマー) 波乗り型(サーファー)
別名 コツコツ型・計画型・長期展望型 短期集中型
詳細 目標を明確にし、計画を立て、それに沿って行動 ざっくりと方向性を決め思いたったときに始める
利点 ・計画性があるため成果が確実に出る
・長期戦が得意(長期スパンの対策がいるテストに強い)
・柔軟性があり、スイッチが入るととてつもなく集中力を発揮する
・短期戦が得意(定期テストに強い)
欠点 完璧主義・柔軟にプラン変更ができないことがありストレスを感じやすい 決められたプランには沿えず、好奇心の赴くままに行動する

 

 

Self-Analysis Sheet(GROWモデルによる自己分析シート)
あてはまるものを選んでくだい(複数選択可)
(例)漠然と不安な気持ちがある
(例)仕事で外国人の方がいらしたらスマートに対応できる / 3ヶ月後に一人で海外に行き乗り切れる
(例)X先輩、1回でまとまった量の英語を話せる / Y先生、シンプルな英語でしゃべっている / Zさん、イントネーションがとてもきれい
(例)道案内を英語でする際に1単語も英語が出てこなくて悔しかった。仕事上で今後出会う外国人のお客様にスマートに対応できるようになりたい。昇給のチャンスにもなる。今後の会社の展開にも役立つ。
結果目標:将来手に入れたい結果 (例) 3ヶ月後にカフェで外国人店員と会話できる
行動結果:結果目標達成ための具体的な行動 (例) 1日5分英語に触れる  基本フレーズを50暗記
(例)計画を立てて着実に実行する[クライマーの例] / レッスン時間で覚え込み使いこなせるところまでもっていく[サーファーの例]
(例)英語圏の人とストレスなく話せている
(例)レッスン最初のスモールトークで盛り上がれる / 先生に逆質問ができる
(例)週に音読30回 / スキマ時間はNetflix / 1日5分英語に触れる / テキストブックのシャドーイング / 通勤時間はNetflix

 

入力いただいた情報を元に、1ヶ月後、2ヶ月後、3ヶ月後の目標や行動計画を設定し共有させていただきます。またレッスン内容、学習アドバイス等で適切なフィードバックをしていきます。

© 2021 Fukuoka English Gym